ハースストーン アップデート: カードパック開封に関するこれからの改善について

最近の投稿

公告

見放題chライトFLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム

カテゴリー

人気記事

楽天

デイリー人気記事

RSS

NEWS

〔ハースストーン〕これは酷い!スタンダードランク戦で一番使われているミニオン

急成長するeスポーツを脅かす「八百長」、関係者の多くが懸念

〔ハースストーン〕「マリドルおかしいと思います(ㆀ˘・з・˘)」

アジア競技大会、カードゲーム「ハースストーン」に赤坂哲郎選手(23)(Tredsred)が出場

〔ハースストーン〕「ドクターモリガンが救われそうなデッキないですか」

〔ハースストーン〕「2万入れる予定だけど、メカパックは絶対引くとしてそのほか引くとしたら何がいいかアドバイスをクレメンス」

(ハースストーン)「よく見かけるotk図鑑」

〔博士のメカメカ大作戦〕中立ミニオン「含み笑う発明家」の事後評価:カード評価

〔博士のメカメカ大作戦〕最新のtier1位は偶数ウォーロック、zoo、マリゴスドルイドの3つ

〔博士のメカメカ大作戦〕超電磁を持つレジェンドミニオン「ジリアックス」の事後評価 :カード評価

〔博士のメカメカ大作戦〕管理人のオリジナルデッキ「キンクラメカハンター」

〔博士のメカメカ大作戦〕ハンターのレジェンド「ブームマスター・フラーク」の事後評価:カード評価

〔博士のメカメカ大作戦〕プリーストのレジェンド「クローンマスター・ゼレク」の事後評価:カード評価

〔博士のメカメカ大作戦〕オメガ系まとめ

〔博士のメカメカ大作戦〕エピック(まとめ)

〔博士のメカメカ大作戦〕レジェンド呪文まとめ

〔博士のメカメカ大作戦〕レジェンドミニオンのまとめ

〔博士のメカメカ大作戦〕全135枚の事前評価まとめ

〔博士のメカメカ大作戦〕ローグの呪文「紫の煙霧」:カード評価

〔博士のメカメカ大作戦〕ハンターのメカミニオン「ヴェノマイザー」:カード評価

【ハースストーン】日本人が世界を獲るeスポーツは『Hearthstone』かもしれない

【ハースストーン】日本人が世界を獲るeスポーツは『Hearthstone』かもしれない

いよいよ、旧神のささやきの先行予約購入がスタートしています。既に、知っていると思いますが通常40パックの値段で50パックで入手できるお得なセットです。ただ、これはリアルマネーで6000円なのでゴールドで購入ができない。これだけなら管理人も課金しようという考えなかったのですが、問題は課金しないとカードの裏面デザインが手に入らない。ただ、このサイトは無課金攻略で進めているのでそこをどうしようかと。

でも、50パックは250枚で新追加は134枚なので、半分ぐらいは入手できますよね。その入手したカードをサイトで掲載できるのは魅力ではありますね。

まあ、しばらく悩んでいます。とりあえず、ニュースを見ていきましょう。ハースストーンの日本選手権大会の様子ですね。既にゲームスパーク、ファミ通などで結果は見たのですが、決勝戦がどんな感じだったのか書いてあったので。

【ハースストーン】日本人が世界を獲るeスポーツは『Hearthstone』かもしれない

ハースストーン日本選手権には、ハースストーン世界選手権ツアーポイントで国内ランキング上位32名のプレイヤーが出場した。この大会で優勝した選手は、3月25日~27日に行なわれるハースストーンのアジア太平洋選手権に進出する。

会場はeスポーツ大会のステージとしてはお馴染みの『e-sports SQUARE AKIHABARA』、12時に試合がスタートしたが、決勝戦は19時ごろと長丁場になった。

決勝戦に進出したのはToofu選手とmattun選手。7戦中先に4勝したほうが勝ち(BO7)で日本人最強の座を争った。選手はお互いに自分が使用 する5人のヒーローを選び、その中から相手に使わせたくないヒーロー1人を選ぶ形式(残った4ヒーローで戦う)。勝ったヒーローは次戦以降使えなくなくな る。

優勝決定戦のヒーロー構成
プレイヤー toofu選手 mattun選手
第1戦 ×ウォリアー ○ウォリアー
第2戦 ×ウォリアー ○メイジ
第3戦 ○パラディン ×ウォーロック
第4戦 ○ハンター ×パラディン
第5戦 ×ウォリアー ○パラディン
第6戦 ×ウォーロック ○ウォーロック
6戦までもつれこんだものの、結果は「あんまり人が使っていないデッキ」を中心に構築したmattun選手が優勝。mattun選手は、1週間後のアジア太平洋選手権に出場が決定した。(後省略)

(http://ascii.jp/elem/000/001/133/1133682/)

SnapCrab_NoName_2016-3-14_7-44-44_No-00

今回の最後が重要ですね。以前にも述べましたがプロが構築するデッキは確かに強いですが、その構成は読まれやすい。ハースストーンにおいて次、何をしてくるかは最初に出してきた呪文やミニオンである程度の推測がなり立ってしまう。日本チャンピオンはあまり人が使っていないデッキを構成していたmattun選手が勝利。世界大会では是非とも,頑張って欲しいですね。

出場選手の多くがドルイドを使用していたわけですが、決勝戦はドルイドが入っていないというのも興味深いですね。使わせたくないデッキが全部ドルイドだったかもしれませんが。

(173)

■その他、博士のメカメカ大作戦のカード評価

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)