ハースストーン アップデート: カードパック開封に関するこれからの改善について

最近の投稿

公告

見放題chライトFLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム

カテゴリー

人気記事

楽天

RSS

NEWS

「縛鎖のラザ」: 「雄叫び: 自分のデッキに重複するカードがない場合、この対戦中、自分のヒーローパワーのコストは(1)になる。」に効果を変更。

「海賊パッチーズ」: 「突撃」を削除。

「回廊漁り蟲」: 攻撃力を2に変更。(5→2に減少)

「ボーンメア」: コストを8マナに変更。(7→8に増加)

バランス調整の実施 – アップデート10.2 ラザ、ボーンメア、パッチーズ、回廊漁り蟲が全てがオワコンに!

〔ハースストーン〕「ラザカスDKっていうこの3つがクソすぎるんだよなあ」

〔ハースストーン〕「ケレセス、雄たけびから断末魔に変えよう狩り」

〔ハースストーン〕「シャドステナーフくるかな、今のローグのデッキってこれ無いとなんもできないよな」

〔ハースストーン〕「大体のリストに入ってるけどコンメのドブって強いの?」

〔ハースストーン〕「ナーフまだ?ナーフ来てもラザカス減らないから意味ないけど」

〔ハースストーン〕「うまいプレイングだけでは足りないってkolentoも言ってただろ」

2017年、ハースストーンの世界チャンピオンはtom選手に決定!おめでとうございます

急に始まる決勝戦!世界チャンピオンはどっちだ?

世界一の称号はこの2人のどちらかに!?frozen選手VStom選手が決勝で激突!

2017年の世界チャンピオンが決定する!ハースストーン ワールドチャンピオンシップ 決勝トーナメントは今日の0時から!

〔ハースストーン〕「ドラプリ→諜報員歴史家落ちるので死」

〔ハースストーン〕「ラザプリナーフより幻視と光熱ナーフしてほしい」

〔ハースストーン〕「断末魔ハンターだと肉食キューブで増やせるの卵か中身の恐竜かハイメインぐらいしかいなくね」

ワールドチャンピオンシップは面白いですけど、プリーストミラーは不毛すぎて面白くない

ハースストーンの世界王者を決める大会が迫っています。チャンピオンは誰だは今日の7時まで

ヴァラニル、ドラゴンコーラー・アランナ、エメラルドの小呪文石など...

ハースストーン、最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」の公開予定は12月8日との噂。つまり、今週の金曜日辺りで遊べるかもしれません。管理人は面白そうな新カードが多数追加されて待ち遠しいわけですが、一応、今回でハースストーン日本語版の公式HPのカード紹介には追いつきました。では、見ていきます。全カードの評価と予想を↓に張っておきます。

http://ハースストーン.net/2017/11/04/%e6%96%b0%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e3%80%8c%e3%82%b3%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%81%a8%e7%a7%98%e5%ae%9d%e3%81%ae%e8%bf%b7%e5%ae%ae%e3%80%8d%e3%81%ae%e5%85%a8%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%88%e7%8f%be/

■ヴァラニル


ヴァラニル:断末魔:コスト6:時分の手札のランダムなミニオン1体に+4/+2を付与する。そのミニオンが死んだら再度この武器を装備する。武器。レジェンド。4/2

パラディン専用のレジェンド武器。これ一見、強そうな武器なのですが効果が断末魔なんですよね。しかも、コスト6なので中盤~後半戦にさしかかる頃、それでウーズ破壊されてもミニオンが手札にいて場に出せれば再装備できるわけですが、その条件はわりと厳しい。攻撃力が高いミニオンがどんどん召喚される頃に武器で殴っていれば体力がきつい。相手ヒーロー殴れるならそれでいいですが、挑発だされると難しい。強そうですが条件が面倒。手札にミニオンないと壊れる恐れがある。使えそうですがOPではないと。

■ダイヤモンドの小呪文石


ダイヤモンドの小呪文石:コスト7:味方ミニオン2種を復活させる。(呪文を4回使用するとアップグレード)

プリーストの呪文石。復活プリーストというのがあって昔、管理人も造ったことあるんですが、それが出来そうな感じもしないでもない。ただ、コスト7と重いのでそこまで強いのかは難しい。復活させるのはランダムでしょうしね。アップグレードは復活できる数が増えるだけと思いますので、プリースト版のンゾスですかね?でも、ビッグプリーストには入るかも知れない。

■オニキスの小呪文石


オニキスの小呪文石:コスト5:ランダムな敵のミニオン1体を破壊する。(断末魔カードを3枚手札から使用するとアップグレード)レア。

ローグの呪文石。ローグ版、必殺の矢ですかね。コスト5なので高いですが。ンゾスローグなどに使われそうな気もしますが、そのまま出しても相手が1体だけならコストは高いですが、なんとか使えると。切り札的にはいいかもしれませんね。ンゾスローグを返されて、相手にミニオンを並べられても逆転できる可能性がある。そこまで試合が長引けばですが。

■エメラルド小呪文石


エメラルド小呪文石:コスト5:3/3のオオカミを2体召喚する。(秘策を手札から使用するとアップグレード)レア。

ハンターの呪文石。これはAOEが怖いですが中々使えるかと。秘策ハンターに入りそうですね。秘策を手札から使用すればどんどん召喚できるオオカミの数が増えるのかな?教授がいまいち、使えないのでこれによって秘策ハンターが化けたら面白いですね。

■ドラゴンコーラー・アランナ


ドラゴンコーラー・アランナ:コスト9:雄叫び:この対戦で使用したコスト(5)以上の呪文1つにつき5/5のドラゴンを1体召喚する。3/3

メイジのレジェンド。これは高コストメイジの切り札的なレジェンド。ドラゴン召喚なのでどらぽが効かないのはいいですね。5/5を倒すAOEは冥界とか、そういうのに限られてくるのでわりと厳しい。高コストメイジがどこまで強いかは未知数なので、このレジェンドの事前評価は難しいかと。でも、3回使えば、3体ドラゴン召喚ですしね。格好良いと思います。

(169)

■その他、2chの記事

カワキヒゲの鎧職人、大暴れ、キノコ王イクスリッドなど新カード

ハースストーン、最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」の気になるリリース日は12月8日と噂されていますが、まだ正式に決まっていません。ただ、だいぶ新カードも公開されており、様々な新しいデッキが作られる新環境に管理人はわくわくしております。それでは張り切ってみていきます。

■カワキヒゲの鎧職人


カワキヒゲの鎧職人:コスト2:雄叫び:敵のミニオン1体につき装甲を2獲得する。レア。2/2

ウォリアー専用ミニオン。何でしょうね。コントールウォリアー?もう、ここまで行けば装甲ウォリアーとか新デッキ名でもいいような気がしますが、今回のウォリアーは装甲を使って何かするカードやミニオンが多数追加されています。

前回の地彫り師イップもそうですが、これ相手が5体ミニオン並べていたら、カワキヒゲの鎧職人+地彫り師イップで一気に装甲10獲得しながら、さらにコスト10のミニオンがターンの終了時に出てくる強力なコンボができます。さらに、次に紹介するカード「大暴れ」で乱闘も真っ青な全体除去も出来るんですよね。

■大暴れ


大暴れ:コスト3:装甲を全て消費する。全てのミニオンに消費した装甲に等しいダメージを与える。エピック。

ウォリアー専用呪文。これはOPですよ。乱闘は残りますけど大暴れは全てのミニオンに装甲に等しいダメージです。シールドブロックで装甲5にして大暴れするだけで、もう全体5点ですよ。カード2枚ですがコスト6でいける。上のカワキヒゲの鎧職人のコンボも強い。そもそも全体AOE出したいのは相手がたくさんミニオン並べているときですから、カワキヒゲの鎧職人で装甲を獲得できて大暴れで一掃することは容易でしょう。相手がこのコンボに警戒してあまりミニオン並べてこないなら、挑発カウントを貯めていくこともできますし、斧なしでもやっていけそうな感じですね。ただ、魚の餌といったコンボもありますので、そこまで使われるかはわからない。逆に装甲がなくなるわけですから、相手にとっては体力のみとなって楽になるかもしれません。

■エルフの吟遊学人


エルフの吟遊学人:コスト4:コンビ:自分のデッキからミニオンを2体引く。レア。3/2

ローグ専用。これは評価が難しいですね。欲しいミニオン探したいときに重宝しそうですが、コンボなのでコインや低コストミニオンを先にプレイする必要がある。3/2というスタッツは弱いので素だしする意味はほぼないです。アグロ環境になるとまず使われそうにないですが、今回はわりとAOEが多いのでアグロ環境よりもミッドレンジが主流になればいいかなと。まあ、ならないんですけどね。それがアグロです。

■キノコ王イクスリッド


キノコ王イクスリッド:コスト5:自分のミニオンを手札から使用した後、そのミニオンのコピーを1体召喚する。エレメンタル。レジェンド。2/4

ドルイドの新レジェンド。一見、強そうには見えないのですがアヴィアナがいるんですよね。アヴィアナはワイルドなので夢のコンボはワイルドしか出来ません。ですが、忘却王クン、マリゴスがいる。1ターン生きていたら、マリゴス2体に増やしてOTK狙いとか。でも、1ターン生きるのが難しいですか。もっとお手軽に使えるミニオンはないのか。


それで5マナまでのミニオンを見てましたけど、良さそうなコンボはないですね。なら、弱いかなあ。

■取り憑かれた従者


取り憑かれた従者:コスト5:断末魔:悪魔を1体招集する。レア。2/2

ウォーロック専用ミニオン。悪魔がドゥームガードなら強いんですけど、どの悪魔がデッキから出てくるかは難しい。でも、ドゥームガードや高悪魔用にしておくのも良いかもしれません。炎のインプやヴォイドウォーカーがなければ戦えないわけでないですしね。出てくる悪魔をコントールすれば凶悪なコンボになりますね。管理人はこういうの好きです。ハンターでしにまねと弓兵デッキ造りましたから。

(155)

マナアリの髑髏、不安定な進化、地彫り師イップなど新カードの使い方...

毎日、最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」の新カードが公開されていて、ハースストーンファンはとても楽しみな時間を送っていると思いますが、管理人も新しい新カードでどんなデッキを組もうか、わくてかが止まりませんね。でも、公式の新カード紹介まで全部追いついてないので頑張ってみていきたいと思います。今回の新カードも面白いのが揃っています。強いかはどうかは別ですけどね。

■卑俗なホムンクルス


卑俗なホムンクルス:コスト:挑発・雄叫び:自分のヒーローに2ダメージ与える。悪魔。レア。2/4

これは朝に紹介したアメジストの小呪文石のコンボとして使えそうなミニオンです。しかも、コスト2で2/4というスタッツは強い。炎のインプよりも挑発があるので中々、厄介な相手かと。ある意味、zooが復活するかもしれませんね。アメジストの小呪文石をどこまでアップグレードさせるか迷いますね。次のカードも同じ感じです。

■コボルトの司書


コボルトの司書:コスト1:雄叫び:カードを1枚引く。自分のヒーローに2ダメージを与える。コモン。2/1

これはあれですね。グルダンのヒロパより、ミニオンが場に出せるのでお得な感じがしますね。2/1というスタッツは微妙ですが、ドローは良い。ただ、1/3には一方的なトレードされてしまうのでマナワームは倒せませんね。そういう意味では脅威ではない。ただ、序盤にヒロパ使ってターン終了よりは強い動きになるような。後はアメジストの小呪文石をマリガンで引いとけばいいんですかね。あれどこまで強くなるんですかね。

■マナアリの髑髏


マナアリの髑髏:コスト5:自分のターン開始時、自分の手札の悪魔を1体召喚する。レジェンド。0/3

ウォーロックのレジェンド武器。

これは強いですね。なんていうのか。ドゥームガードが毎ターン召喚されるかもしれません。しかも、カード2枚捨てないで。いや、召喚だから雄叫び発動するのかな。ちょっとわかりませんけど。それでも強い動きでしょう。他にも強い悪魔はいますし、マナコストがかからないので大型悪魔入れたくなります。悪魔デッキがついに環境入りするときがくるかも。

■地彫り師イップ


地彫り師イップ:コスト8:自分のターン終了時、自分の装甲値(最大10)に等しいコストのランダムなミニオン1体を召喚する。4/8

ウォリアーのレジェンド。何でしょうかね。コントロールウォリアーの強化ですかね。装甲をたくさん張られると厄介。挑発ウォリアーに入れても良いですね。装甲10貯められると、毎ターン怖いミニオンがでてくると。しかも、プリーストに除去できない攻撃力4という。何でしょうね。5/8より、4/8の方が頼りになりそうな気がする安心感。ただ、攻められると装甲を貯めるのが難しいので、守ってばかりでもきついと。

■不安定な進化


不安定な進化:コスト1:味方のミニオン1体をランダムなコストが(1)高いミニオンに変身させる。このターン中は繰り返し使用可能。エピック。

シャーマンの新呪文。なんていうのか。進化シャーマンが大幅パワーアップしそうなカード。これ最大マナで、10回まで使うことができます。だから、コスト1のミニオンが場にいて9回使えば、コスト10です。手札にミニオンなければヒロパでトーテム進化させても強くなる。さらに外れミニオンの引き直し、挑発が欲しい場合の進化など、色々な用途で有能な呪文です。

(175)

リネッサ・サンソロウ、ヴォイドロード、ファルドライ・ストライダー...

毎日、ハースストーンの最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」の新カードが公開されており、管理人もなんとか追いつきたいと頑張っています。そのうち追いついたら、面白そうな使い方を2chで漁っていきますが、まずは管理人の評価と予想をお楽しみください。

■ヴォイドロード


ヴォイドロード:コスト9:挑発・断末魔:挑発を持つ1/3の悪魔を3体召喚する。悪魔。3/9

ウォーロック専用ミニオン。悪魔ということでグルダンのデスナイト化と相性が良い。3/9なので実質、数回は敵ミニオンの攻撃を耐えられるスタッツ。でも、コスト9ですからね。断末魔でヴォイドウォーカーが3体出てきても、それほど脅威ではない。1/3ですし。つまり、延命するためのミニオン。これなら冥界とか、後で紹介する新呪文で一掃したほうが良い気がします。出されると邪魔ですが、解決にはなってません。

■ファルドライ・ストライダー


ファルドライ・ストライダー:コスト4:雄叫び:自分のデッキに待ち伏せ!3枚を混ぜる。待ち伏せ!を引いた際、自分の陣地に4/4のクモを1体召喚する。4/4

ローグのミニオン。管理人はミラクルローグやミルローグはあまり好きではないのですが、土蜘蛛は好きだったんですよね。スタン落ちするまではデッキ相性関係なく愛用してました。しかも、今の環境だとシャドウキャスターとか、このミニオンを手軽に増やせるカードが色々あるので、待ち伏せ!デッキやミルローグなどに採用されるかもしれません。フレイムストライクやドラゴンポーションなど一部のAOEに弱いですが、それでも今回、ミルローグはかなり強化される感じです。

■飢えているエティン


飢えているエティン:コスト6:挑発、雄叫び:ランダムなコスト2のミニオン1体を相手の陣地に召喚する。レア。4/10

中立ミニオン。一見、デスロードぽいですが、あれとは全然リスクが違います。こちらはコスト2なので怖いのは終末予言者ですかね。それをピンポイントで召喚するのはよほどの強運か、不運のどちらかでしょう。しかも、4/10なのでプリーストだと除去できない。まさにプリースト苛めのミニオンですね。でも、全体的な強いかどうかは微妙ですね。悪くはないと思うんですけどね。

■リネッサ・サンソロウ


リネッサ・サンソロウ:コスト7:雄叫び:この対戦中に味方のミニオンに使用した全ての呪文を、このミニオンに使用する。レジェンド。1/1

パラディン専用レジェンド。これは対戦中に味方のミニオンに使用した呪文とあるので、ミニオンの雄叫びなどのバフは入らない。コンボが強そうなのは剣竜騎乗ですね。あれを何かのミニオンにかけた後、出せば、既に3/7のスタッツとなり、さらにステゴドンも断末魔で付いてくる。他にも王の祝福4/4バフ効果などでも強い。ただ、沈黙に一番弱いミニオンなので過信は禁物ですね。しかも、出すタイミングが難しいので中盤ぐらい引けたら嬉しいカードと。使い方次第ではハンドバフパラディン、クエストパラディンなど、多くのデッキに採用されそうです。もっとも、呪文多めが強いかどうか。7マナなのでボーンメアで良いんじゃないかとは思いますが。

■大破壊


大破壊:コスト4:全てのミニオンを破壊する。時分の手札を全て破壊する。エピック。

ウォーロック専用の呪文カード。呪文版のデスウイングみたいなものですが、これコスト4ということで非常に軽い。冥界がコスト8,破滅がコスト10ということで、中盤で使用できると。ただ、全部手札がなくなるので厳しい。でも、これマルシェザールのインプで気軽にカード補充ができます。さらにカードを捨てることでクエストを達成するのも容易になる。まさにクエストウォーロックを強化するカードといえます。インプとセットで使うのが基本になりそうですね。何はともあれ全体除去は厳しい。デスナイトグルダン引けてなくて相手が強いミニオンを出している展開はわりと良くありますので、なかなかのOPかと。

(210)

心霊絶叫、魔力の暴帝、記録保管大臣など新カードの評価

さて、今回もコボルトと秘宝の迷宮の新カードをどんどん見ていきます。今回は5枚ですね。少し急がないと効果的な使い方を2chで漁る時間ありませんしね。

■魔力加工師


魔力加工師:コスト1:自分が呪文を使う度、そのコストに等しい装甲を獲得する。エレメンタル。1/2

メイジ専用。先ほど、ルビーの小呪文石をエレメンタルメイジ以外で使うのは難しいと述べましたが、どうやら新カードでクエストメイジでも使えそうなエレメンタルがいくつか追加されています。これも装甲を得るので8マナぐらいまで置いといて、7マナで炎と大地のポータルとセットでだすと良さそうです。装甲7点はアイスバリア並ですしね。他にも、相手は場に残したくないので囮としても有用。他にもフロストノヴァやブリザードなどと一緒にだすことでかなり装甲を稼げます。意外とクエストメイジにも採用されそうですね。

■記録保管大臣


記録保管大臣:コスト8:自分のターンの終了時、自分のデッキにある呪文1つを使用する。(対象はランダムに選択)4/7

中立エピック。このカードは対象はランダムということでそこまで使い道があるかは微妙ですね。例えば、ハンターに荒野のみを入れるとします。でも、ハンターの荒野でイノシシが突進しないのでそこまで有用かどうかというと微妙なところ。対象がランダムなので自分に不利な呪文を入れると困ることになる。だから、相手に飛ばせる呪文が良いですよね。上級魔力の矢とか。ただ、狙った使い道が難しいかと。

■魔力の暴帝


魔力の暴帝:コスト5:このターンにこすと(5)以上の呪文を使用した場合コスト(0)。エレメンタル。4/4

中立エピック。これラダーよりは闘技場で採用されそうなミニオンですね。ただ、コスト5以上の呪文を使用しないとコスト0にならない。コスト5で出すとそこまで強くないので環境入りするかは微妙ですね。エレメンタルメイジにはわりと使いやすそうですが。

■護宝のドラゴン


護宝のドラゴン:コスト4:断末魔:相手に「コイン」2枚を与える。ドラゴン。5/6

中立ミニオン。ドラゴンでコスト4としてはスタッツは高い。ただ、断末魔でコイン2枚を相手に与えるの色々まずい。相手がクエストメイジならクエスト達成を速くするだけですし、他にも2マナもらえるなら色々な使い方がある。コインは1枚でも色々出来るので2枚渡すと相手が一気に有利となる。なので、あまり採用はされないかと。

■心霊絶叫


心霊絶叫:コスト7:全てのミニオンを相手のデッキに混ぜる。

プリースト専用。これも酷いというかおかしいです。今回のプリーストに勝てる気がしないのは気のせいでしょうか。全てのミニオンを相手のデッキに混ぜるだけで、相手は有効なドローはしににくなる。遅延にはもってこい。さらに全てなので「場」のミニオンも相手のデッキに入りますよね。クエストメイジ対策にもなると。ただ、そこまで究極みたいなOPかは実戦でないとわからないかと。実装された数時間で阿鼻叫喚になっている恐れもありますが。

(252)

ソニア・シャドウダンサー、キング・ドグワグル、爆発のルーンなど新...

11月28日、ハースストーンの日本語公式HPでしばらく更新されなかったカードが一気に公開されました。それで管理人は新カードの使い方や予想を評価しています。では、今回も見ていきます。

■キング・ドグワグル


キング・ドグワグル:コスト8:雄叫び:相手とデッキを交換する。再度交換するための身代金を呪文1枚を相手に与える。レジェンド。ミニオン。

中立レジェンド。交換したデッキはコスト5を支払えば元に戻せます。これも既に2chで話題になっていたのですが、非常に評価が難しいカードですね。相手のデッキのカードがわからないし、次のターンでコスト5で戻すとなればそこまで大きな影響はない?ですが、コスト5を9ターンに払えば5/5のミニオンがでているわけで、その対処が遅れてしまう。しかも、自分の欲しいカードは9ターン目に引けないのでドローも遅れてしまうと。嫌がらせにはぴったりですね。

■ルビーの小呪文石


ルビーの小呪文石:コスト2:ランダムなメイジの呪文カード1枚を自分の手札に追加する。(エレメンタルを2体手札から使用するとアップグレード)

メイジ戦用の呪文カード。メイジはコスト3でカード2枚ドローできる呪文や、カバル教団でランダム3枚とかありますが、エレメンタルメイジならその手の呪文入れなくても、もっと有用にランダムドローできると。エレメンタルメイジが強いかはわかりませんが、このカードそのものはエレメンタルメイジに採用されるのではないかと。アップグレードすれば、2枚、3枚となるわけですが、カバル教団より、少ないコストで使えるのでいいですね。クエストメイジにも入る?ただ、エレメンタルをメイジが使うなら、それほど数はないですね。ウォーターエレメンタルはありますが。

■爆発のルーン


爆発のルーン:コスト3:秘策:相手が手札からそのミニオンを使用した後、そのミニオンに6ダメージを与え、余剰ダメージを相手のヒーローに与える。

メイジの秘策。このカードOPかと。凄く強い。むしろ、無駄がない。秘策メイジはかなり強化されるんじゃないですかね。これ2枚だけで12点ですし。しかも、相手がミニオンを出せば勝手に倒してくれるだけではなく、余剰の分もヒーローに与えると。聖なる盾なら、外した後にダメージを与えてくれるそうです。つまり、1点で聖なる盾を外して、さらに5点をミニオンに与えると。強いですね。聖なる盾持ちを一気に倒せそうという。

■ソニア・シャドウダンサー


ソニア・シャドウダンサー:コスト3:味方のミニオンが死亡した後、そのミニオンの1/1のコピーを自分の手札に追加する。そのカードのコスト(1)。2/2

ローグの新レジェンド。見た感じはクエストローグ用みたいです。ただ、コンボ用のパーツにもできますね。お花でミニオン破壊して場に残っていたら、わざと当てて増やすとか。わりと良いレジェンドかと。ローグはテクニカルなので、色々な使い方が考えられる。

(196)

11月28日、ハースストーンの日本語公式HPで公開されたカード

しばらく、日本のハースストーンの公式HPでは新カードの公開が止まっていたのですが、ようやく増えたので管理人の予想と共に見ていきます。英語名はわかっても日本語名わからない困りますしね。

■世界揺さぶるグランブル


世界揺さぶるグランブル:コスト:6:雄叫び:自分を除く味方のミニオン全てを自分の手札に戻す。それらのコストは(1)になる。エレメンタル、レジェンド 7/7

シャーマン専用レジェンド。コスト6で7/7のスタッツは強力かと。でも、それだけ採用されるわけもなく、雄叫びの効果ですね。これは6マナでだすよりは、カリモス出した後に再召喚に使うとか、ヨグ様出した後にもう一度、ヨグ様を召喚するとか。そういう使い方が多くなりそう。翡翠シャーマンならアヤを戻して再召喚もありですね。色々、何かに使えそうな感じですが、厄介なミニオンを相手が場に残すことは少ないので評価は難しいですね。

■親切なランプの精


親切なランプの精:コスト3:自分のターンの終了時、自分のヒーローの体力を3回復する。エレメンタル。2/4

パラディン戦用カード。アグロには鬱陶しいミニオン。強いかどうかというとコスト3だと、タールクリーパーがいる。また、パラディンは回復出来る呪文カードもミニオンも多い。本来なら使われないのですが、実はパラディンの新呪文カードにパールの小呪文石というのがあります。

■パールの小呪文石


パールの小呪文石:コスト2:挑発を持つ2/2の精霊を1体召喚する。(体力を3回復するとアップグレード)

先ほどの親切なランプの精とのコンボでこのカードがアップグレードされます。これどのようにアップグレードするかですが、2体になるんじゃないかな?それだとすれば、相手はランプの精を放置しておくと呪文石が強化されていくという。後、生命奪取もあれ回復ですよね?だとすればウィッカーフレイム+バフとかでも良さそうですね。

■テンポラス


テンポラス:コスト7:雄叫び:相手は2ターン分行動する。その後、自分が2ターン分行動する。

プリーストの専用レジェンド。ネタなのか、OPかわからないミニオン。プリは時間まで超越できるようになったと。相手の手札が少ないときで、こちらが2ターンでリーサル確定なら相手の攻撃を凌ぎきれば勝ち。マリゴスプリーストでもやるんですかね。ヴェレンでも良さそうではありますが。しかし、このミニオンがある限り、最後まで勝負はわかりませんね。

■荒くましい守護者


荒くましい守護者:コスト8:挑発・断末魔:(コスト4)以下のミニオンを2体招集する。レア。獣。3/5

ドルイド専用のミニオン。今の時点ではたいした使い道はないですね。断末魔というのも弱い。コスト4以下のミニオンもランダムですからね。

 

(91)

11月23日に公開された最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」の新カード5枚

12月9日にリリース予定と噂されるハースストーンの最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」。

11月21日から一気に新カードが公開されて、毎日が楽しみになってきました。今回の新カードは5枚ですね。では、早速見ていきます。


中立2枚。パラディンの武器1枚、メイジ戦用ミニオンが1枚。それにハンターのミニオンと。

■未鑑定の大槌


未鑑定の大槌:コスト3:手札になった時、ボーナス効果を1つ獲得する。2/2 レア。

パラディンの新武器。コスト的には3/2の剣「勝鬨の剣」と同じですが、ランダムでボーナス効果があると。ボーナス効果の種類がわからないのでなんともいえないですが、確実性がない以上は3/2の剣、もしくはコスト4の4/2の剣「トゥルーシルバー・チャンピオン」でいいですよね。パラディンの武器は優秀なのが揃っているのでこの武器はあまり使われないんじゃないかな。

■ワタリガラスの使い魔


ワタリガラスの使い魔:コスト2:雄叫び:各プレイヤーのデッキの呪文を1枚ずつ表示。自分の呪文の方が高い場合、その呪文を手札にする。獣。2/2

メイジの新ミニオン。中々、良いカードですね。高コストのメイジならかなり使えそうなミニオンです。あまり呪文を使わないヒーローにも安心して出せる。パイロ2枚だけならほぼ確実にパイロが引けると。高コスト火力メイジのデッキが作成できるかもしれませんね。

■沁み出すウーズリング


沁み出すウーズリング:コスト6:雄叫び:自分のデッキのランダムなミニオン1体の断末魔を獲得する。5/4

ハンター専用。漢字は沁み(し)出すで良いと思います。これは使い勝手が難しい?ああ、でも、断末魔を限定すれば、例えば、ケーアンだけを入れれば、そのケーアンの断末魔が使える。面白いですね。やさしいおばあちゃんでも意外と強い。ハイメインでもいいですね。弓兵の断末魔でキンクラ召喚も夢ではない。竜王デスウイングの断末魔でドラゴン並べたり、骸骨術師の断末魔で相手のターンに倒されて8/8のスケルトン召喚を狙うなど。色々面白いことができそう。

■シルバーヴァンガード


シルバーヴァンガード:コスト7:断末魔:コスト8のミニオンを1体招集する。3/3 コモン。

中立ミニオン。これも面白いですね。先ほどの沁み出すウーズリングの断末魔にしても良さそう。コスト8のミニオンの招集は断末魔ですが、アラキア、リッチキング、電撃デビルサウルスなどがいける。しかも、公式HPで確認したところ、招集で呼んだデビルサウルスはそのままヒーローを殴れてました。この仕様なら電撃デビルサウルスの採用もありかもしれません。

■孤高の勇者


孤高の勇者:コスト3:雄叫び:味方に他のミニオンがいない場合、聖なる盾と挑発を獲得する。2/4 レア。

ミニオンを最初に展開するときの順番を気にしないと行けなくなる中立ミニオン。最初に孤高の勇者を並べてから別のミニオンを出すという順番ですね。聖なる盾は強いですが、2/4というのはどうなんでしょうね。3/4ならかなり強かったですけどコスト3でそれはないか。聖なる盾と挑発は厄介ですが、そこまで脅威ではないかと。

 

 

(202)

最新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」11月22日に公開された新カード4枚

先ほど、ハースストーンの公式HPを確認したら、コボルトと秘宝の迷宮の新たに4枚の新カードが公開されていました。ここから毎日出てくるとしたら、頑張らないと更新が追いつきませんね。しかも、まだ2chでの有効な使い方や予想すら調べてないという。やることが多いですけど頑張っていきます。では、4枚のカードはこちら。

 


これで27枚かな。では、見ていきます。

■中立3枚


性悪なる召喚師:コスト6:雄叫び:自分のデッキの呪文を1枚表示する。その呪文と同じコストのランダムなミニオン1体召喚する。エピック。4/4

呪文コストが高いメイジと相性が良さそうなミニオンですね。ただ、呪文コストもデッキからランダム。さらに同コストのランダムなミニオン1体ということで普通に使えばフロストボルトとか、そういうのが選ばれて大して役に立たない。でも、パイロプラストとかだと一気にコスト10のミニオンが出てくると。高コストの呪文しか入れないメイジとかもありかもしれませんね。面白いデッキが作れるかも。これはメイジファンとしては期待。

ゴルゴン・ゾーラ:コスト:雄叫び:味方のミニオン1体を選択。そのミニオンのゴールデンのコピー1体を自分の手札に追加する。2/2

最初にチーズを思い浮かべたのは管理人だけでしょうか。それは良いとして、ゴルゴン・ゾーラのゴールデンというのはほぼ遊びですね。コピー能力自体は強いミニオンをコピーできたら強いので、これアントニダスのコンボとして良いんじゃないですかね。アントニダス破壊しても、その前にコピーしてもう1枚、次ぎに出すとか。7マナまでなら色々悪さできそうですね。

クズ拾いのコボルト:コスト3:雄叫び:自分の破壊された武器1つを手札に戻す。エピック。1/3

ウーズ対策のカードですね。破壊された武器を手札に戻すので、今回はレジェンド武器の実装なので中々、使う機会がありそうです。

■ドルイド


世界樹の小枝:コスト4:断末魔:マナクリスタルを10個獲得する。

ドルイドの新レジェンド武器。これもヤバいですね。ウーズで破壊できない。すればマナクリスタルを相手が10個獲得する。しかも、これ4ターンで出せば、毎回、振って9ターン目に発動ですよ。9ターン目に9マナ+10マナ使えるという。つまり、9ターン目に究極も出せることになります。これは厳しい。破壊しても断末魔がある。沈黙は武器にかけられない。出されたら9ターンで一気に強い動きをされる。あと、これウンブラと組み合わせはいけるんですかね?とおもったら、ウンブラはミニオンだけでした。残念。

(174)

新拡張「コボルトと秘宝の迷宮」9枚のカードの公開(後編)

さて、11月21日からコボルトと秘宝の迷宮で新カードが続々公開されているので、管理人のテンションも上がっていきたいのですが、これどうみてもOPだというカードが出てきました。プリーストがまた強化されたという。では、後編に行きましょう。


■ダスクブレイカー


ダスクブレイカー:コスト4:雄叫び:時分の手札にドラゴンカードがある場合、自身を除く全てのミニオンに3ダメージを与える。ドラゴン。3/3

これですね。これはもうドラプリの諜報員と同じレベルのOPです。というより、究極のアグロ殺しじゃないですか。しかも、プリーストだけ。最近はドラゴンラザプリとかでているので、それがまた強化されそうですね。来年もドラゴンラザプリに苦しめられる未来が待っていると。

■九死一生


九死一生:コスト2:秘策:味方のミニオンが死亡した時、そのミニオン1体を時分の手札に戻す。そのコストは(2)減る。

ええ?これローグの秘策です。ローグって秘策なんてなかったですよね。でも、今回から秘策が追加されると。しかも、色々と悪さ出来そうなカードですね。でも、1枚だけの秘策ならすぐわかりますので問題なないとおもっていたら、でも、もう1枚あるんですよね。秘策ローグの誕生となるのか。

■突然の裏切り


突然の裏切り:コスト2:秘策:ミニオンが自分のヒーローを攻撃した時、代わりにそのミニオンに隣接する誰かを攻撃する。

複数ミニオン出していると警戒しないといけない秘策ですね。厄介でありますし、上の九死一生との二択となれば先に弱いミニオン落としておくという対処が求められますね。でも、攻撃したら返り討ちにあうのかな?下手すれば相殺もありますね。注意したい秘策です。

■獰猛なクッチャベラー


獰猛なクッチャベラー:コスト1:このミニオンがヒーローを攻撃した後、自分の手札にこのミニオンのコピー1枚を追加する。1/1

これも厄介そうですね。これケレセス公爵でバフしたら、2/2がコピーされるのかな。バフもコピーなら王の祝福とか強いんですけど。先行で出されたら厄介ですね。逆にミニオンが相手側にいればすぐ落とされると。残したくないミニオンですね。

 

(112)