ハースストーン アップデート: カードパック開封に関するこれからの改善について

最近の投稿

公告

見放題chライトFLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム

カテゴリー

人気記事

楽天

RSS

NEWS

〔ハースストーン〕「ヴェレンは結構ドブでスナイプ出来るけどラザがキツい いつ投げればいいんだ」

〔ハースストーン〕「挑発がデメリットになればなー何処かに雄叫びで挑発を破壊できるカードないかなー」

〔ハースストーン〕「スキンは全部普通に売れよ」

〔ハースストーン〕「ネムシーの各国の声きくと韓国が一番ロリ ]

ラザプリのヒロパ遅いのまじイライラするんだけどこういう快適さを損ねるパッチやめろよ

〔ハースストーン〕「ハロウィンイベントの詳細。期間中は毎日、カードパックがログインでもらえる!?」

〔ハースストーン〕「実際、アラキアってマナ換算すると雑魚だよな]

ハースストーン・アップデート – 10月18日 – ハッピー・ハロウェンド!獰猛なヒナがアリーナからナーフされました

ネムシー・ネクロフィズルが炉端に登場

〔ハースストーン〕大会のカードパック数

〔ハースストーン〕「これ進化シャーマンにおける最弱の引きに近いんじゃないのか」

pavel選手がまさかの敗北。2パックで終了!

〔ハースストーン〕「いたけどお前らブリコン2017のバーチャルチケット買う?]

〔ハースストーン〕「ラザプリにガイストでデッキ圧縮ってあり理論?なし理論?]

purple選手が強かった!tom選手も大健闘!

〔ハースストーン〕「ヒーロー使用率」

〔ハースストーン〕「Baizeシャーマンが全勝するから待ってろ 」

〔ハースストーン〕「キングクラシュさんが陽の目を見る為に必要なカードを考えよう」

夏季選手権 今からuya選手 VS purple選手が対戦します!

〔ハースストーン〕「ヴェレンだけがナーフされると思います」

大魔境ウンゴロの新環境:ウォータートークンドルイド

大魔境ウンゴロの新環境では多彩なヒーローが活躍出来る良環境。そのため、様々なデッキタイプが登場していますので先日から、それらの代表的なデッキを見ながら強い動きを初心者向けに解説しています。では、今回はドルイドの最後となるウォータートークンドルイドです。

■ウォータートークンドルイド

Freakeh’s Water Token Druid (April 2017, Season 37)


これがデッキ。ウォータートークンドルイドというのはカニやブルーギル・ウォリアーからでしょうか。見た感じはアグロドルイドのマーロックタイプですが、ビタータイド・ヒドラや六丸が採用されています。


ビタータイド・ヒドラは5マナで弱点はありますが8/8というスタッツは優秀。六丸も5マナで重いですがマーロックを一気に並べて獰猛な咆哮や蓮華紋で強化するといったこともできます。


また、ミニオンが倒された後には動き回るマナがあると。


少しアグロドルイドと比べて重くなりましたが序盤で返されたら何もできないアグロドルイドよりもミッドレンジ系に対応しやすいのは面白いかと。でも、デッキの総コストが高いですね。エピックがかなり必要です。これ作るには相当な資産がいるので初心者向けではないですね。

(193)

■その他、2chの記事

大魔境ウンゴロの新環境:翡翠ドルイド(ジェイドルイド)

大魔境ウンゴロの新環境では多彩なヒーローのデッキが存在します。今回はドルイドの従来のスタンスである翡翠ゴーレムデッキを見ていきます。

■翡翠ドルイド

Un’Goro Jade Druid Deck List Guide (May 2017, Standard) – Season 38


大魔境ウンゴロの新環境ではブランがスタン落ちしたことで翡翠ドルイドは重すぎて中々、辛いところはあるのですが、後半に持ち込めばたくさんのゴーレムを召喚することで一気に有利な展開となります。そこで重要なのが体力を回復する手段ですね。


ともかく翡翠ドルイドはアグロデッキにひき殺されないことが重要。そのため、大地のウロコや幼獣の激昂などで装甲を強化して6ターン目までのガジェッツアンの競売人までつなげること。そのため、3マナ目にタール・クリーパーが採用されているのかと。


タール・クリーパーは攻撃には向かないですが、相手のターン中は3/5になるので大魔境ウンゴロの新環境でも優秀なミニオンとされています。挑発ウォリアーにはだいたい入ってますね。マナ加速をしながらこのような挑発ミニオンを出して序盤を凌いで競売人のコンボにつなげたい。


6ターン目までなんとか凌げれば、後はガジェッツアンの競売人を出してカードドローをしていくだけで手札にゴーレムパーツが増えていきます。後、管理人はガジェッツアンの競売人を使うのは下手です。ローグやドルイドで何度か試しましたが、これは難しいですね。たまにローグで回りまくって何もできないことはありますが、あんなのは稀な話です。今は隠れ見もないのでガジェッツアンの競売人はそれほど多くのコンボをつなげるのは難しいです。詳しくはお花やミラクルローグのデッキを紹介するときにもう一度触れるかと。

このデッキの勝ち筋は競売人から大量ドローでゴーレムを並べていくだけ。使っててもアヤ様の声を聞いて癒やされるぐらいでそれほど面白いデッキではないですね。だいたい翡翠ゴーレムはそんなんです。

(155)

大魔境ウンゴロの新環境:アグロトークンドルイド

大魔境ウンゴロの新環境は多彩なヒーローのデッキが活躍する良環境ということで、今までメイジ、ハンターの代表的なデッキを見てきました。そして、今回からは新環境ではすっかり見なくなったと思えば、急にアグロで復活したドルイドを見ていきます。代表的なデッキはアグロドルイドですね。使われるカードや基本的な戦術を今回は色々解説します。

■アグロトークンドルイド

Un’Goro Aggro/Token Druid Deck List Guide (May 2017, Standard) – Season 38




今回は管理人が良く参考にしているSTONEKEEP氏のデッキです。このデッキの特徴は練気を利用しての相手が何もできないうちにミニオンを並べて蓮華紋や獰猛な咆哮、野生の力で勝負を決める。また、それを返された後は動き回るマナで一気に盤面を並べて、また蓮華紋や獰猛な咆哮で勝負を決めると極めてシンプル且つ強い動きです。なぜなら、マナがなければドルイドの加速には追いつけない。

ドルイドといえば本来、練気で大型のミニオンを相手より早く出して勝ちにいくパターンが従来のドルイドでドルイドのクエストもそのような感じです。ですが、今のアグロ環境ではそんなことやっている時間はないです。ブラッドセイルの海賊やパッチーズ、ゴラッカ・クローラー、飢えたかになどは海賊対策やマーロック対策ですね。

■攻撃力を付与する呪文


ドルイドで攻撃力を付与する呪文は重すぎるウィスプを除いて3枚あります。4体ほど低コストミニオン並べてこの動きをされたら、いくら低コストミニオンでも一気にリーサル圏内に持って行かれます。でも、大魔境ウンゴロの新環境前ではアグロドルイドの動きでも全体AOEやレノロックがいたおかげでそこまで強くはなかった。レノがいたのでアグロがそこまで有利ではなかったんですよね。ですが、レノはスタン落ちして、おまけにこんなカードがドルイドに追加されました。

■動き回るマナ


動き回るマナは自分のマナクリスタルを2/2のミニオンに変身させます。つまり、マナ5でつかえば、2/2のミニオン5体並びます。これだけではたいした脅威ではないのですが、これを練気と組み合わせて上のような強化呪文と一緒に使われると途端に化け物レベルとなります。なぜなら、蓮華紋で2/2が3/3になります。2/2で5体ならフェイスダメージは10ですが、3/3で5体ならフェイスダメージは15。仮に獰猛な咆哮なら、フェイスダメージは22です。体力は30しかないのに練気があれば6マナぐらいでこの動きができるんですよね。プリーストやウォーロック、メイジならわりと簡単に返せますが、動き回るマナは2つデッキに入るので油断は禁物です。

■獣+ヤシュラージュの烙印


獣ミニオンとヤシュラージュの烙印の組み合わせも強いです。魔法のワタリガラスだとこれだけで4/4となり、カード1枚ドローです。しかも、これが練気があれば1ターンでできるという。相手がこれを倒せるミニオン出すには3マナは必要なのに、もう4/4がでるという。しかも、プリには攻撃力4は鬼門です。

後は六丸を使ったマーロックシナジーですかね。


六丸は自分のデッキからマーロックを2体召喚できるという非常に強いレジェンド。隠れ身があるので1ターン耐えれる可能性も高い。そして、出てくるマーロックはデッキの枚数でだいたいコントロールできる。このデッキは六丸除いて、マーロックの戦隊長とブルーギル・ウォリアーの4枚しか入ってない。


これらが2枚出てきたら、まず、ブルーギル・ウォリアーはマーロックの戦隊長効果で4/2の突撃持ちとなります。出てきた瞬間に動けるので火力が高い。さらに六丸はマーロックの戦隊長効果で、4/5となります。この場合、次のターンでマーロックの戦隊長を処理できなければきついという。

ハンターの最後でデッキが目指している強い動きを覚えることが勝つのに大事だと述べましたが、このような強い動きができるのはこのアグロドルイド、アグロトークンドルイドってわけですね。強いデッキには何らかの大きな勝ち筋が必ず入っています。まずはそれを覚えてから、数ターンで相手のデッキが予測できれば対策もしやすくなります。

例えば、相手がアグロトークンドルイドなら、これはミニオン並べてくる。動き回るマナがあるとか、考えれば、始原の秘紋で火山ポーションを増やしておこうなどですね。相手のリーサル手段がわかれば、こちらも対処しやすくなる。相手の勝ち筋を潰せば、相手は負けを認めてコンシしてくるので、まずは色々なデッキを知ってから勝ち筋を覚えてください。

(132)

ハースストーン:ドルイド

SnapCrab_NoName_2015-11-26_16-0-8_No-00

ハースストーンのヒーローの中で填まれば滅法強いのがドルイド。彼の名はマルフュリオン・ストームレイジ。ドルイドは特にマナを貯める速度が速いため、強いミニオンを出して先手が取りやすいです。

SnapCrab_NoName_2015-11-26_16-0-25_No-00

また、彼のヒーローパワー「獣化」はこのターンの間、攻撃力+1、装甲+1されます。この獣化は中々厄介ですが、あくまでも雑魚退治や切り札ですね。ドルイドは素早くマナを貯めての展開力の速さで場を制するのが基本戦術です。

ハースストーンにおいて、場を制するのは、時には勝負の流れを決めてしまうほど。呪文カードからの組み合わせでたった1体の場に出たミニオンから総崩れにされることもあります。

■基本カード

SnapCrab_NoName_2015-11-26_16-28-15_No-00

ドルイドの基本カードで大事なのが「コスト0 練気(このターンの間のみ、マナクリスタルを2つ得る)」、それに「野性の繁茂(コスト2 空のマナクリスタルを1つ得る)です。この二つによってドルイドは一気に強いミニオンや、弱いミニオンを複数体召喚が可能です。仮にレアミニオンを持っていれば、相手が対抗するマナが増えるまでに出すことで存分にその力を使うことが可能。

例えば、メイジがファイアボール(6ダメージを与える)、動物変身(ミニオン1体を1/1のヒツジに変身させる。)を撃つにはコスト4必要です。しかし、ドルイドなら、練気や野性の繁茂で、コスト6や7まで先に増やせます。相手がたまる前に召喚してしまえば、それだけ有利です。

次に「野蛮の咆哮(コスト3 このターンの間、味方キャラクター全てに攻撃力+2を付与する。)」です。ドルイドと対戦するときにこのカードには細心の注意を払う必要があります。場に出された数体のミニオンがいきなり、+2の攻撃力が付加される。

フレイムストライクで一気に焼こうと思ったら、このカードで勝負を決められたこともあります。

SnapCrab_NoName_2015-11-26_16-30-42_No-00

最後はなぎ払い(コスト4 敵1体に4ダメージを与え、他敵全てに1ダメージを与える。)」です。このカードは強いミニオンを倒すだけでは無く、他の雑魚にも1ダメージ与えるのでわりと厄介です。

 

(923)