ハースストーン アップデート: カードパック開封に関するこれからの改善について

公告

見放題chライトFLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム

カテゴリー

人気記事

楽天

RSS

NEWS

〔ハースストーン〕「実際、アラキアってマナ換算すると雑魚だよな]

ハースストーン・アップデート – 10月18日 – ハッピー・ハロウェンド!獰猛なヒナがアリーナからナーフされました

ネムシー・ネクロフィズルが炉端に登場

〔ハースストーン〕大会のカードパック数

〔ハースストーン〕「これ進化シャーマンにおける最弱の引きに近いんじゃないのか」

pavel選手がまさかの敗北。2パックで終了!

〔ハースストーン〕「いたけどお前らブリコン2017のバーチャルチケット買う?]

〔ハースストーン〕「ラザプリにガイストでデッキ圧縮ってあり理論?なし理論?]

purple選手が強かった!tom選手も大健闘!

〔ハースストーン〕「ヒーロー使用率」

〔ハースストーン〕「Baizeシャーマンが全勝するから待ってろ 」

〔ハースストーン〕「キングクラシュさんが陽の目を見る為に必要なカードを考えよう」

夏季選手権 今からuya選手 VS purple選手が対戦します!

〔ハースストーン〕「ヴェレンだけがナーフされると思います」

〔ハースストーン〕「わいはuya先生選んだぞ」

HCT夏季選手権のデッキリスト公開

〔ハースストーン〕「プリにドブネズミ撃つタイミングってどこよ?」

〔ハースストーン〕「ファイアフライは2枚出せば1マナミニオンの域超えてるからぶっ壊れカード」

〔ハースストーン〕「DKzooは1/3/2が5二ターン目に5/4になって顔殴って来ること多すぎてブチギレる」

〔ハースストーン〕「ラザプリだけに勝てるデッキ教えてくれませんか?使ってるやつ血祭りにしたいんで」

大魔境ウンゴロの新環境:ミッドレンジビーストハンター

大魔境ウンゴロの新環境で多彩なヒーローのデッキを紹介する企画。ハンターのデッキを色々見てきましたが、今回のミッドレンジビーストハンターでハンターは最後となります。今回はデッキから見ていきましょう。

■ミッドレンジビーストハンター

JAB’s Un’Goro Midrange Beast Hunter (April 2017, Season 37)


管理人も普通のミッドレンジハンターとビーストハンターに正確にどのような違いがあるのかはわからないのですが、このデッキだと必殺の一矢、巣作りロック鳥、沼の王ドレッド辺りが、ミッドレンジハンターやシークレットハンター、ハイブリッドハンターとは違うところですね。では、それらを見ていきますが、少し、管理人の狙いについて解説します。

■管理人の狙い

このデッキ紹介は初心者さん向けの記事なのですが、実は初心者さんに覚えて欲しいのはカードのシナジー効果なんですよね。アジア鯖のランク15以上は全てといっても良いぐらいガチデッキです。つまり、プロのデッキを参考にしたものがほとんど。だからこそ、もう、デッキの良し悪しよりも、プレイヤーの力量がダイレクトに反映される。といっても管理人はランク8ぐらいが最高なのですが。もう1年半ぐらい遊んでますがそれだけ上の層は厚いってことですね。

資産があろうが、なかろうがもうここまで行けばどれだけ強い動き方を知っているかどうかになります。プロのその強い動かし方を知っているというか研究するわけですね。しかし、カードゲームなのでやはり、運も絡んできます。なので、それぞれのプロのデッキでどれが強い動きかを想像できるようになればランク10は到達できるでしょう。

例えば、今回のデッキならこんな動きですね。


ネズミ軍団の断末魔はこのミニオンの攻撃力に等しい数の1/1のネズミを召喚する。これは普通に3マナだして相手に倒されたら2/2の動き+1/1×2のネズミとなります。つまり、2/2ミニオン1体、1/1×2のミニオンです。ですが、ここで放電レイザーモーを出してネズミ軍団に適応させて、運よく攻撃力+3を得ることができれば、5/2になります。結果的、5/2 1/1×5となり、先ほどの1/1のミニオンが3体増えるわけです。これは非常に強い動きです。

ただし、この動きで注意したのは1/1のミニオン並べてもローグならナイフの雨で簡単に返されてしまうということ。つまり、いくら強い動きでも相手がAOE持っている場合は正解な動きにはならないんですね。こういった動きを瞬時に見極めることができるなら相当上手い。ランク15以上のプレイヤーはこのような強い動きを知っています。

ハンターがどうしてプリーストにほとんど勝てないのか。今のプリは最初からハンターには覆すことは相当難しい動きが可能だからです。ノースシャイアの聖職者+真言・盾を付与する。また光熱のエレメンタルに真言・盾を付与して2/5にしても圧倒的に強い。やさしいおばあちゃんと野良猫並べてきたら狂気ポーションで優しいおばあちゃんぶつけて断末魔ミニオンを奪うなど、こういった動きをされたらハンターはほとんどお手上げなんですよね。しかも、3マナでカバールのかぎ爪が出てきてノースシャイアの聖職者か光熱のエレメンタルに体力+3付与される。もう、倒す手段がほとんどないという。


ですが、今回のデッキには必殺の一矢が採用されている。強化されたノースシャイアの聖職者や光熱のエレメンタルに刺さるわけです。しかし、現実的にはこれでも勝てません。なぜなのか。相手がノースシャイアの聖職者で真言・盾で1/5にしてくる。次のターン、コインで3マナにして必殺の一矢を撃って倒す。しかし、プリーストは次のターンに3/3辺りのミニオンを並べてくる。だいたい、真言・盾で1枚ドローしているのでプリーストの方がカードが多い。そして、こちらが3マナでドブネズミを出したところで相手に攻撃されて回復されるので結局、場にミニオンを出せないという。こうなるとハンターは試合が長引けば長引くほど不利です。相手がドラプリなら尚更です。

本当、この動き強いんですよ。管理人はドラプリでハンターに8連勝ぐらいしてましたからね。負けるときはノースシャイアの聖職者や光熱エレメンタルが引けなくて呪文で手札が埋まっているときぐらいでした。とまあ、こんな感じでデッキを見て強い動きを想像できればかなり上達します。後は実戦でそれを考えながらも、状況に応じてカードを切っていくだけ。だからこそ、プロや大会での色々なデッキを見るだけでとても参考になるんですよね。プロはそのデッキでの強い動きを知り尽くしているわけですから。


さて、ハンターの最後は沼の王ドレッドです。他にもハンターにはレジェンドが王女やナックルなどがいますが、現状ではあまり使えません。でも、沼の王ドレッドは中々使える。ですが、これをローグに盗まれるとメチャクチャ厄介です。キンクラさんもですが、デッキ外から出てきたときの強さは驚くほど。でも、沼の王ドレッドを7マナで出せるならハンターはだいたい有利でもう、ほとんど勝ちが見えているんですよね。逆にこれが10マナで出したとしても、かなり不利な状況であって、逆転が難しいという。今のアグロ環境ではこの7マナの沼の王ドレッドですら重いんですよね。

管理人は好きだから入れてますけど、でも、5回に1回ぐらいしか場に出てきません。でも、出せれば強いですしね。

(95)

■その他、2chの記事

大魔境ウンゴロの新環境:ハイブリッドハンター

大魔境ウンゴロの新環境は多彩なヒーローのデッキが活躍出来る良環境。さらに7000万の人口突破でますます盛り上がるハースストーンということで初心者さん向けの解説を含めたデッキの紹介をしています。さて、今回はハイブリッドハンターですね。

たまに出てくる「ハイブリッド」の意味は異質のものの混成物を言うそうです。でも、ハースストーンでいうハイブリッドはアグロとミッドレンジの合成型みたいな感じでしょうか。ハイブリッドシャーマンとか、たまにきいたことがあります。でも、デッキは中々面白いんです。

■ハイブリッドハンター

wiRer’s Hybrid Hunter (April 2017, Season 37)




ハイブリッドハンターでは、マーロック対策に飢えたかにはなんとなくわかります。でも、ナイフジャグラー、秘策対策に照明弾、そしてもっと驚きがピラニアランチャーの採用ですね。他の既に解説していますのでこれらのカードを詳しく見ていきます。まあ、最近はマーロック使うヒーロー増えたのでマーロックを食べるカニが大活躍。


ナイフジャグラーはナーフされる前は色々なデッキに入っていましたが、それ以降はだいたいウォーロックのzooで採用されていました。ナイフジャグラー+触手のコンボが強いんですよね。でも、実際、ハンターは断末魔持ちも多いのでナイフジャグラーも選択肢に入ると。だからこそのピラニアランチャーかもしれません。


ピラニアランチャーでダメージ受けた記憶はあまりなく、自分でも使ったことはないですが、所持していたかすら怪しい。これエピックなんですよね。ウォリアーの戦闘用触手ぐらい影が薄い武器かも。ああ、でも、ウォリアーよりはましか。これを2枚採用する時点で凄いとしか。だいたい、ハンター武器はイーグルホーン・ボウですしね。飢えたかに、ピラニアランチャー採用で総コストはかなり上がってます。

中々、面白そうなハイブリッドハンターですが、試すにもピラニアランチャーがないんですよね。さすがにクラフトするかは微妙なエピックですし、これは見送りかなあ。

 

(107)

大魔境ウンゴロの新環境:ミッドレンジシークレットハンター

大魔境ウンゴロの新環境の多彩なヒーローのデッキを紹介する企画。ミッドレンジハンター、フェイスハンターに続き、今回はミッドレンジシークレットハンターです。シークレットというのは秘策のことですね。では、デッキを見ていきます。

■ミッドレンジシークレットハンター

NickChipper’s Y’Shaarj Midrange Secret Hunter (April 2017, Season 37)


このデッキはハンターの可能性を広げる上でかなり面白い。ミッドレンジハンターやフェイスハンターには採用されてないカードが非常に多いのも紹介する理由となりました。まずはシークレットハンターということで秘策ですね。

 

ミッドレンジハンターやフェイスハンターはプリーストにはかなり不利なマッチングだと述べましたが、逆にシークレットハンターはプリーストに強いです。凍結の罠や帽子からの猫はプリーストならまず刺さります。しかも、プリーストが真言・盾などで強化したミニオンが手札に戻れば一石二鳥です。また蛇の罠からのハイエナのコンボも強い。秘策コストをゼロにする覆面の女ハンターで一気に貼っていけるのもいいですね。


蛇の罠は3体出てきますのでその3体が残れば次、腐肉食いハイエナを出して蛇を3体ぶつければ+6/+3で8/5というもうどう見ても大型ミニオンに成長します。


ハンターに猫やインコなどの1マナミニオンが採用されてなく、狩人の狙いや追跡術というのも面白い。1マナの追跡術で蛇の罠見つけて2マナ目に張る。相手が爆発の罠と警戒してくるでしょうから弱いミニオンを出すのが難しくなる。後、バーンズはわりと当たりが多いですね。


バーンズの大当たりはヤシャさんですが。ハイメインや狼、覆面ハンター、ネズミ、ハイエナなど・・・あれ、これ何でてもいいようになっているのか。でも、このデッキはドローが厳しそうですね。


ヤシャラージュを出すにしても10マナ目まで持ちこたえるのは難しそう。でも、面白いデッキかと。

(108)

大魔境ウンゴロの新環境:フェイスハンター

大魔境ウンゴロの新環境での多彩なヒーローのデッキを紹介する企画。前回からハンター編ということで代表的な、ミッドレンジハンターを紹介しました。今回はフェイスハンターですね。ミッドレンジハンターとどのように違うのか。

■フェイスハンター

Sintolol’s Face Hunter – Top 25 Legend (April 2017, Season 37)


フェイスハンターも相手のフェイスを一気に削って勝つという意味ではミッドレンジハンターと同じですが、いくつか異なるカードが採用されています。まずはカニですね。


飢えたカニは最近、ドルイド、パラディン、シャーマンなどで採用されるマーロックデッキに対抗するための切り札。アグロ系の速い動くに対してマーロックを破壊することで断然有利です。もう一つのカニは海賊ウォリアー対策です。ゴラッカ・クローラーで海賊食べればこれも有利になる。海賊、パッチーズを入れてるデッキは意外と多いので刺さりやすいです。これらで序盤から盤面有利にして一気にフェイスを詰めていきます。


1マナでマーロック食べた後はダイヤウルフ・リーダーややさしいおばあちゃんを出す。ダイアウルフ・リーダーは隣接のミニオンに攻撃力+1を付与します。意外とこの数点で勝つこともあるので侮れません。


後、この炎魔コウモリも地味に厄介。この断末魔1点が思わぬミニオンに刺さることも。後はミッドレンジハンターとだいたい同じですが、最後はリロイですね。

--

リロイ・ジェンキンスの採用。ハイメインがデッキになく5マナで即6点を与えるリロイを採用することでフェイスダメージが上がる。これぞフェイスハンターですね。このようにミッドレンジハンターよりはアグロよりなのがフェイスハンターですね。

(166)

大魔境ウンゴロの新環境:ミッドレンジハンター

メイジのデッキ紹介も一通り終わったので次はハンターのデッキを見ていきます。

ハンターは大魔境ウンゴロの新環境でついに冬眠から目覚めたヒーローです。ガジェッツアンでは完全に置いてけぼりになっていたヒーローですが、新しいドローカードや適応をもらってハンター使いが増えてきました。その代表的なのがミッドレンジハンターです。デッキコストが安くて強いというのも人気な理由でしょう。

■ハンターの特徴


ハンターの特徴はすばり、獣ミニオンを並べてフェイスアタックしながら、最後は呪文(殺しの命令など)とヒロパでトドメです。ハンターの勝ちパターンは相手の体力30点を相手より早く削りきること。大きく分けてアグロ系とミッドレンジ系に分かれます。コントロールハンターとかはあまりききません。でも、アグロ系とミッドレンジ系といっても、わりとデッキは豊富です。ただ、これだけは云いたい。ハンターは今のプリーストにはほとんど勝てないといってもいいぐらい天敵です。


つまり、ハンターには強力なリーサル手段がある。1マナ獣だして、殺しの命令+5点×2、ヒロパで2点で合計12ダメージなので、とりあえず、ハンターと戦うときは13点以下は危険な領域です。体力が減ってくると一気に削られる。6マナでハイメインを出されたらライオンを処理しても、2/2が2体出てくるのも厄介。ハンターのレジェンド「ハイメイン」はどのデッキも採用されるといってもいいです。サバンナ・ハイメインはレジェンドなのに2枚採用できるのもハンターの強みですね。とりあえず、6マナはハイメイン出しておけばいいというぐらい安定な動きですから。


ミッドレンジハンターといいますか、ハンターならだいたい、このコンゴウインコと野良猫を2枚刺しがよく見かけられます。1マナはアグロ系のデッキと戦うためには非常に重要な役割を持ってます。そして、ハンターに大事な獣シナジーも得られるのも重要です。さらにハンターには「適応」が追加されたことでレイザーモーというまた強いミニオンが出てきました。


これもだいたいハンターデッキなら2枚採用されています。このレイザーモーの適応が凄く強いんですよね。適応は9種類の能力の中からランダムで選出される3つの能力を選ぶというもの。体力+3,攻撃力+3,疾風、猛毒、断末魔で1/1を2体召喚、聖なる盾、次のターンまで隠れ見、+1/+1、呪文とヒーローパワーの対象にならないの9種類です。これらの適応が場の状況に応じて使い分けることが可能。そのため、レイザーモーは仲間の獣ミニオンと出すことで最大限の力を発揮します。


例えばこのネズミ軍団。適応で攻撃力+3にすれば、なんと断末魔で5体のネズミが出てきます。ネズミ軍団もわりと良く採用されます。後、猟犬使いの雄叫びをネズミ軍団に使うのも強い動き。4/4・挑発になって倒すと4体のネズミが出てくる。


やさしいおばあちゃんやイーグルホーン・ボウもミッドレンジハンターには採用されるカード。やさしいおばあちゃんに適応付けるのも強い動き。イーグルホーン・ボウは主にミニオン退治ですね。3点与えたいミニオンに対して武器を振るう。


後は獣の相棒はまず採用されるカード。


獣の相棒はこの3体のどれかが出てきます。3マナでとりあえず使っておけという動きはよく見られますが、大会の解説者によるとそれは弱い動きらしいです。基本的に獣の相棒は欲しいミニオンが2体以上あるときに使う方がいいと。3マナでレオックが出てきても仲間がいないとその効果は発揮しないですしね。厄介なミニオンなので次のターンに生き残っている確率は低いです。


ハンターの切り札的なカードといえるのがこのハイエナとツンドラサイです。とりあえず、ハイエナを2マナで出すというのは弱い動きなのでやめたほうがいいです。まあ、どうしても相手がアグロ系や海賊ウォリアーで出すものなければ苦渋の選択ではありますが。ハイエナはネズミ軍団とかを倒された後に弱いミニオンが残っているときに出してそのまま強化するのがセオリー。相手がミニオンを並べていたらこれが強いんです。


ハンター相手にたくさんのミニオンを並べるとハイエナ出して猟犬使いのコンボで一気にハイエナが強化されるので注意。ツンドラサイも断末魔で召喚されてもすぐに突撃付与されるのでハイエナの強化に利用されます。なにより、5マナでツンドラサイが生き残っていれば、だいたい6マナでハイメイン出されていきなり動いてくるのでそれだけは避けたい。

■代表的なデッキ

Stonekeep


これがミッドレンジハンターの代表的デッキ。だいたい採用されるカードは上にあげたものがほとんど。ですが、そこからアレンジが多いのが特徴。それは次回に詳しく見ていきます。

(159)

ハースストーン:ハンター

SnapCrab_NoName_2015-11-22_11-34-28_No-00

今回はハンターのレクサーを紹介していきます。ハンターは獣を扱うのに得意なヒーロー。多くの獣ミニオンは「突撃」の能力を所持しているので、速効性に優れています。そのため、ウォーロックといった相手との相性は抜群。さらに、ハンター自身のヒーロパワー、不抜の一矢は敵のヒーローに2ダメージを与えます。メイジのファイアブラストより、1ダメージ多いですが、応用が効かないため、実は使いにくい。

基本的な戦術は守りより、攻めです。獣ミニオンの攻撃力付加の能力や呪文などを組み合わせて一気に勝負をかけましょう。また、森のハンターであるレクサーは罠も得意としています。秘策カードも使いこなすので、相手が場に秘策カードを伏せてきたら注意しましょう。敵ヒーローを攻撃したら秘策カード爆発の罠」が発動して敵全体に2ダメージとか痛いですしね。

ただ、ハンターはミニオンにダメージを与えるのに優れていますが、ミニオンそのものの弱体化するカードがあまりないです。狩人の狙いぐらいでしょうか。ダメージを与えて倒すことが出来ればいいですが、後半に強いミニオンが召喚されて、しかも、プリーストカード「神授の霊力」で体力2倍とかで強化されたら、ひとたまりもありません。

やはり。待ちではなく攻めですね。

■ハンターの基本カード

コスト0    狩人の狙い ミニオン1体の体力を1に変える。
コスト1    魔力の一矢 2ダメージを与える。
コスト1    追跡術    自分のデッキの上から3枚のカードを見る。1枚を引き、残りは破棄する。
コスト3    獣の相棒 ランダムな獣の相棒を1体召喚する。
コスト4    マルチショット    ランダムな敵のミニオン2体に、それぞれ3ダメージずつ与える。

他にも、森林オオカミ(コスト1 1/1、自身を除く味方の獣に攻撃力+1付与する)、殺しの命令(コスト3ダメージ与える。自分が獣を持っている場合、代わりに5ダメージ与える)などがあります。

 

 

(753)